◆ 笠 浩二 −Kouji Ryu−



生年月日1962/11/8
血液型AB型


笠浩二とは?


ドラマー&ヴォーカリストであり、サウンドクリエーター&プロデューサー。
80年代を代表する人気バンド『C-C-B』のメンバーとしてデビュー。TBS系ドラマ『毎度おさわがせします』のテーマ曲 『Romanticが止まらない』の大ヒットによりブレイク。前髪をピンクに染め、ピンクのメガネをかけてドラムを 叩きながら歌うその姿は当時の若者たちに多大な影響を与えた。今でもC-C-Bといえば「ピンクでメガネのドラムの人」と 彼を思い浮かべる人が多い。89年にシングル15枚、オリジナルアルバム9枚と、数々の伝説を残してC-C-B解散。 その後、シングル『30cmでつかまえて』(UCC缶コーヒーCMソング)をスマッシュヒットさせるなど、自身のソロ活動と 並行して声優・アイドルに楽曲を提供したり、横浜トヨタなどのCM音楽を手がけるなど多方面で活動の輪を広げる。 そして20世紀末、実家のある熊本県・南阿蘇に活動の拠点を移動。農業を営む実家の両親を手伝いながら、2008年春には 地元・南阿蘇の地に念願だった音楽スタジオを設立。毎日、阿蘇の山を眺めつつ音楽に携わるスローライフなミュージシャンである。


笠浩二・活動の軌跡


1983年 ココナッツボーイズとしてデビュー。
シングル『Candy』(全農ヨープレイトCM曲)、『瞳少女』(ロート製薬・なみだロートCM曲)などで話題になる。
1985年

1989年
バンド名をC-C-Bに変更。
TBS系ドラマ『毎度おさわがせします』のテーマ曲『Romanticが止まらない』が大ヒット。 日本レコード大賞金賞を受賞の他、第36回NHK紅白歌合戦に出場するなど、C-C-Bは日本を代表する人気バンドへと成長。
その後もヒット曲を連発し、数々の楽曲をチャートに送り込む。

■主な楽曲とチャート順位(TBS『ザ・ベストテン』より)■
『Romanticが止まらない』(1位)
『スクールガール』(1位)
『Lucky Chanceをもう一度』(1位)
『空想キッス』(1位)
『元気なブロークンハート』(2位)
『不自然な君が好き』(2位)
『ないものねだりのI Want You』(2位)
『2MUCH I Love You』(1位)
『原色したいね』(2位)
『抱きしめたい』(3位)
『恋文(ラブレター)』(5位)
『信じていれば』(4位)
『Love is Magic』(4位)

1989年10月9日、日本武道館にてC-C-B解散。

1990年

1998年
ソロ名義のシングル『30cmでつかまえて』(UCC缶コーヒーCMタイアップ曲)がスマッシュヒット。 ソロでの活動と並行して、人気声優(石田彰・氷上恭子など)やアイドル(Click・山口あゆみ・原田志乃など)への楽曲提供や、 横浜TOYOTAなどCM音楽の制作、さらにミュージカル『パートタイムハイスクール』(池袋サンシャイン劇場・新神戸オリエンタル劇場)への出演など、 多岐に渡るミュージシャン活動を展開する。
1999年

2004年
実家のある熊本県・南阿蘇に活動の拠点を移動。
佐賀を拠点に活動するバンド『スピリッツ』のライブにドラマーとして参加。また、葛城ユキ、浅野孝己(ゴダイゴ)、田中昌之(クリスタルキング)らと コラボレートでLIVE活動を行なう。また自身のバンド『Ryu.s』を結成。各地のイベントへの出演やライブ活動を精力的にこなす。
2005年 アサヒ『WONDA・ショット&ショット ブルー缶』CMに出演。
コンビニ店員役の笠が、会計のレジでいきなりドラムを叩きながら『Romantic〜』を歌ってサラリーマンを 元気づけるというぶっ飛んだ内容であった。
2006年 ソロアルバム『ハイランダー』をリリース。
2007年 人気番組『SMAP×SMAP』の番組内コーナーにて、稲垣吾郎さんが『CCB吾郎』というキャラクターを演じて話題になる。 ピンクに染めた前髪にピンクの眼鏡でドラムスティックを持ったその姿は、どうみても笠浩二そのもの(笑)。 その後、特番にて共演が実現する。
また、ボクシング世界チャンピオンの内藤大介選手が入場曲として『Romantic〜』を使用して話題に。
2008年 4月、C-C-B衝撃の再結成!
アルバム『Romanticは止められない』をリリース。再結成ツアーの東京・大阪・名古屋のチケットは即日完売。 ゲストギターに野村義男、サポートメンバーに丸山正剛(Ryu.s)を加え、白熱のステージで観客を熱狂させる。

12月、C-C-Bとして渋谷O-EASTにてワンマンライブ。
平日にもかかわらずチケットはソールドアウト。そして、このライブから再びC-C-Bは休眠状態に。

2009年 5月、『サントリー BOSS シルキーブラック』のCMに出演。
作り込まれた世界観の中で、個性豊かなメンバー達(吉川晃司・ムッシュかまやつ・仲本工事・小林克也・板尾創路・スチャダラパー・桐島カレン・ピエール瀧・マギー司郎・アンガールズ山根・コンドルズ・永瀬正敏)と共にシルキーブラックオーケストラを結成。砂漠で音楽を奏でている幻想的なCMは各方面で話題となる。

11月、『サントリー BOSS シルキーブラック』HOTバージョンのCMがOA開始。
映画のようなCG合成や、サントリーHP内で公開された各キャラクターのサイドストーリーが評判に。
(笠のキャラクターはロマンティック・ドラマー)

2010年 2月『よゐこライブ2010』(構成・演出 鈴木おさむ)にゲスト出演。

5月『サントリー BOSS シルキーブラック』新バージョンのCMがOA。
ゲストの松田聖子さんが名曲『瞳はダイアモンド』を歌い、楽団員たちが砂漠を流れる川を船で進む映像が話題となる。

9月、赤城乳業『デッカルチェ』のCMソングを歌唱。
80年代風の曲に笠の歌声がベストマッチ。コミカルな内容の映像とあいまって、不思議な世界を作り出しました。

12月、TBS『さんまのスーパーからくりTV・芸能人替え歌王決定戦』にゲスト出演。
堀江淳さん、狩人の高道さんとユニットを組み、見事に準優勝を勝ち取る。

2011年 1月、CX『めちゃイケ新春スペシャル』にゲスト出演。
内藤大介選手と共に『Romanticが止まらない』を歌って、番組を大いに盛り上げました。

4月・10月の番組改編期には、TBS『お願いランキング』やテレビ東京『カラオケバトル』など、さまざまなバラエティ番組・音楽番組にゲスト出演。
10月、TBS 『お願い!ランキング・ストライクTV』に ゲスト出演。
11月、佐賀バルーンフェスタにゲスト出演。
12月、TBS 『爆報!THEフライデー』 にゲスト出演。爆風スランプ・トリビュートアルバムに参加。名曲『Runner』をカバー。

2012年 2月、『幸せは ほらここに・・・』(熊本大津町文化ホール)にて、中沢堅司(H2O)・堀江淳と3組でのコラボコンサートを開催。
5月、ANB『関ジャニの仕分け』の「最強アーティスト軍団とリズム感対決」にゲスト出演。太鼓の達人で争うが敗北。
8月、さぬき市テアトロン音楽祭にゲスト参加。
10月、『KAB元気フェスタ』にゲスト出演。
11月、佐賀バルーンフェスタにゲスト出演。
12月、NTV 『人生が変わる1分間の深イイ話・2Hスペシャル』 にゲスト出演。
2013年 10月、『KAB元気フェスタ』コラボステージに出演。
11月、渋谷スターラウンジにてバースデーワンマンライブを開催。元C‐C‐Bの渡辺英樹(ベース)・田口智治(キーボード)をバンドメンバーに迎え、C‐C‐Bナンバーを中心としたセットリストで白熱のライブとなる。佐賀バルーンフェスタにゲスト出演。
12月、佐賀県で行われた『LEGEND OF POP ROCK LIVE 2013』にゲスト出演。
2014年 3月、再び渡辺英樹・田口智治、そして盟友のギタリスト・丸山正剛と共にワンマンライブ。チケットもSOLD OUTの大盛り上がりのステージを披露。

その他、数々のイベント・お祭り・ライブへのゲスト出演・アーティストとのコラボステージ多数。

現在は両親と共に、実家の熊本県に在住。 地元の番組である熊本朝日放送『くまもとパワーステーション』に木曜日コメンテーターとしてレギュラー出演中。



お仕事のご依頼


笠浩二への各種イベント・フェスティバル・TV番組などへのゲスト出演へのオファーや、CMなどへの出演・プレゼン・楽曲制作 (アーティストへの楽曲提供を始め、TV・映画・CMなどの音楽制作など幅広く承っております)オファーなどは、 全てヒロセプロジェクトにて受け付けております。

▼お仕事のご依頼はこちら!▼
TEL&FAX / 044-952-3211
メールアドレス / h-p@tbi.t-com.ne.jp

イベント・フェスティバルでの演奏(C-C-Bのヒット曲を織り交ぜたLIVE)は盛り上がる事間違いなし! (会場・予算などの関係でバンド演奏が難しい場合には、笠浩二がソロで出演するなど、相談していただければ様々な対応が可能です)
また、各地の小・中学校や専門学校などで行なわれている笠浩二の講演会は、「わかりやすくて楽しかった」と 小さいお子さんや、若い学生さん達に大評判です。 若い頃と変らない澄んだハイトーンボイスのボーカルと、迫力のドラムプレイ。暖かく優しい癒し系の人柄がにじみ出る講演。
興味のある方は上記の連絡先まで、お気軽にお問い合わせ下さいませ。




www.hirose-project.net
e-mail:h-p@tbi.t-com.ne.jp